FASHION

2016.02.10 WEDNESDAY

2016 春夏STYLEキーワードは“チラ見せ”

大人女子のヘルシーな色気は
旬の“チラ見せ”コーデで演出せよ

コートやニットがまだまだ手放せない季節。でも、ファッション業界はもうすっかり春夏モード!
街ゆくおしゃれ女子の中にも、早くも春夏アイテムをさりげなくプラスしている人をチラホラ見かけます。
ところで、ご存じでしたか?2016年春夏は、“チラ見せスタイル”がイチオシなんです!
さあ、いち早く今年の春夏のトレンドをチェックしてみましょう♪

イメージ画像

「ノースリーブニット」から、チラリとのぞく白い脇・・・。「ノースリーブニット」は、ニットと素肌の質感のギャップと、普段見えない部分のチラ見せで男性をドキッとさせる、この春の必須アイテムです。春から秋までロングシーズンで使えるこのアイテム、いろいろなボトムに合わせられる着回しのよさで、今年も根強い人気を誇るよう。特に、首の詰まった“ボトルネック”や“タートルネック”のものが、露出のメリハリによる着やせ効果抜群だとか。
オススメなのは、昨年から人気のガウチョパンツから、よりしなやかな素材でもっとスカートらしさをUPさせたシルエットを持つ、「スカンツ(「スカート」と「パンツ」の造語)」との組み合わせです。花柄やシフォンなど、春らしいデザインやボリューム感のある素材を取りいれている「スカンツ」は、すっきりシルエットの「ノースリーブニット」との相性抜群! 今年らしいバランスのコーデに仕上がります。

また、Tシャツやタンクトップなどのシンプルな夏物に羽織るだけで、ぐっとおしゃれ度が増す「ロングジレ(ジレ=フランス語でベストのこと)」も、昨年から引き続きトレンドアイテムになる模様。
さらに2016年の春夏からは、襟がついた「ノースリーブジャケット」が登場します。「ロングジレ」よりきちんと感があり、洗練されたかっこいい着こなしが可能なこのアイテム、シンプルなショートパンツやデニムに合わせれば、たちまちオトナの抜け感コーデのできあがり。ノースリーブトップスと合わせれば、より女性らしく仕上がります。暖かい季節には一枚でサラリと着こなせば、素肌のチラ見せ効果が格段にUP!今までのレイヤードというよりは、主役級アイテムとして使うのが2016年のトレンドです。

イメージ画像

イメージ画像

最後に、2016年春夏コレクションでたくさん登場していたのが「ランジェリーキャミ」です。特に、この冬のトレンドのひとつである「ウルトラフェミニン」と呼ばれるロマンチックなムードが、2016年も引き続き注目されている中、刺繍や総レース、フラワーモチーフなどを使ったフェミニンなスタイルの「ランジェリーキャミ」は、今すぐ取り入れたい先取りアイテム。
「ロマンチックなレースや花柄なんて、私には可愛いすぎる...」「なんだか色気たっぷりで、うまく着こなすにはハードルが高そう...」なんて思われがちな「ランジェリーキャミ」ですが、実は合わせ方次第でクールにもスウィートにも着こなせる、とっても使いやすいアイテムなんです。
まず、「ランジェリーキャミ」は重ね着したレイヤースタイルが基本。たとえば、ハリ感のあるかっちりとした素材の「ノースリーブジャケット」に、レースやシフォンなど甘め素材の「ランジェリーキャミ」を組み合わせれば、上品なオトナの色気が演出できます。大きく袖の空いた「ノースリーブニット」の下に、セクシーな「ランジェリーキャミ」を着てチラ見せするのも、大人っぽさがグッと増してオススメ。今からでも取り入れてみたいアイテムですね。

さて、2016年大注目の“チラ見せスタイル”ですが、最後にひとつ気になることが。
それは、脇や脇口の洋服の状態が、丸見えになってしまうこと!
最旬コーディネートの準備とともに脇汗対策もしっかり行って、今年の春夏も思いっきりおしゃれを楽しみましょう♪

関連記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています。