1気温の上がる季節、
ビジネスカジュアルを理解して快適に過ごそう

イメージ画像

現代のビジネスシーンでは、必ずしもきっちりとしたスーツにプレーンな革靴といったテンプレートは当てはまらない。既にルーキーの時期を終え、比較的服装の自由度が高まる20代から30代のビジネスパーソンはもちろんのこと、これからの季節は「クールビズ」を推奨する企業も多いため、ビジネスカジュアルの需要は必然的に高くなるはずだ。とはいえ、いい大人として節度ある着こなしも肝要。何も知らずに着崩してしまうと営業先の信用、上司からの信頼、新入社員からの尊敬などを失ってしまいかねない。TPOに応じつつ、相手に不快感を与えない気配りが必要となってくるというわけだ。

汗ばむ時期のビジネス
カジュアルに必携のアイテム

2前提は相手を不快にさせないこと。
ビジネスカジュアルのルールを知ろう

読者諸兄は、ビジネスの場で「他人から見た自分」についてきちんとセルフプロデュースできているだろうか。ドレスダウンに関しても同様で、自分という価値を落とさないためにもビジネスカジュアルの基本ルールは理解しておきたいところ。日常のシーンを想像し、自分の着こなしに当てはめながら読み進めていってほしい。

イメージ画像

ルール1素材感はカジュアルでも、
ジャケットは必須

朝の通勤はビジネスパーソンの最初の戦い。身だしなみを整えて家を出たところで、自転車通勤や満員電車でもまれた後はジャケットにもシミがにじむほど汗ばんでしまう。だからといって、襟があるからとポロシャツ1枚で出勤するのは好ましくない。いくらオンとオフの垣根がなくなってきているビジネスシーンにおいても、きちんとした印象を作るためにはジャケットが必須だろう。ジャケットの持つ品格を損なわず清涼感を獲得するなら、シアサッカーやリネンといった素材の1着を選べば万事解決だ。

イメージ画像

ルール2ビジネスにふさわしい、
基本色で構成する

ビジネスカジュアルを初めて実践するという際に、開放感からかついカジュアルになりすぎてしまう人も多い。その典型例は旬のカラーリングを取り入れてしまうこと。季節に似合う鮮やかな原色を取り入れたくとも、ビジネスシーンにおいての投入はミスマッチと言わざるを得ない。また、悪目立ちする色は女性からの評判もイマイチだ。部下の女性と待ち合わせて営業先へ直行……、というときに怪訝な顔をされる可能性も。春から初夏にかけては、定番の色みに加えてライトブルーやベージュといった明るいトーンであれば季節感も加えられる。また、おしゃれを知る大人のこなれ感も得られるだろう。

イメージ画像

ルール3シャツは襟付きが基本、
Tシャツを着るなら無地がベター

ジャケットやパンツに色や素材で変化を持たせたなら、インナーはベーシックなシャツの選択がベターだ。定番のブロード素材はもちろんのこと、涼しげな印象の鹿の子やカットソー生地、また柄で洒脱感を高めたいのであればギンガムチェックも好感度が高くおすすめだ。社外の人と会うのであれば襟付き一択だが、デスクワークを主とする日であればTシャツも許されるだろう。その場合は無地かつ体に程よくフィットするサイズを選ぼう。爽やかなインナーであれば、チームの女性社員たちとの優雅な午後のカフェタイムだってかなうはず。いつもの何気ない会話だって、軽やかに感じられる。

3コーデが完成……
しかし、最後の詰めが甘いとすべてが台無しに

イメージ画像

ここまでのルールを踏まえて、どれだけクライアントや女性目線で好感度の高いスタイルを構築できても、暖かな時期はその印象を一気に崩してしまうことがある。それが、汗の存在。
外回り後、女性社員との歓談中にふと上着を脱いでしまい露わになるシャツのシミには、彼女たちの表情も曇りがちに。女性の約9割は、異性のワキ汗ジミを気にしているというデータもある(2017年1月 ライオン調べ 20代~30代の男女400人に聞く「ワキの汗ジミ調査」)。ワキ汗ジミは我々男性が思っている以上に見られているのだ。また、大きな案件でのプレゼンが終わり、コンペを勝ち取った後のクライアントとの一服でワイシャツに汗ジミというのも締まらない。せっかくの印象を台無しにしてしまう、これからのシーズンならではのリスクだけはどうにか回避したいものだ。

4ワキ汗対策として、
朝から効果が持続する制汗剤を手に入れよう

イメージ画像

マナーとしてきちんとワキ汗対策を講じるために、制汗剤の存在は心強い。我々が気にすべきワキ汗は、汗をかき始めてしまってからでは対処が遅い。汗が気になる部分に朝、あらかじめ塗っておくのが肝要だ。多忙な1日もきっと快適に過ごせることだろう。
そこでおすすめしたいのが、「Ban 汗ブロックロールオン プレミアムラベル 男性用」(医薬部外品)。もともと女性向けに発売され、人気を獲得している。男性用として新しく登場したこちらは、ビジネスパーソンのワキ汗対策としても非常に有効なアイテム。その理由を追っていこう。

Ban 汗ブロックロールオン
プレミアムラベル 男性用
無香性はこちらからチェック


Ban 汗ブロックロールオン
プレミアムラベル 男性用
マイルドソープの香りはこちらからチェック
イメージ画像

理由1朝塗って、1日効果が持続

移動中やミーティングなど女性と常に近い距離で過ごすシーンもある。そんなときにうれしいポイントが「Ban 汗ブロックロールオンプレミアムラベル 男性用」の“制汗力”と“持続性”だ。ナノイオン制汗成分が汗の出口にフタをして汗をブロックし、耐水皮膜成分がしっかりと密着する。朝、仕事へ向かう前に塗ることで効果は仕事中持続するため、汗やワキのニオイを気にせず過ごせるのだ。また、速乾性があるため、忙しい朝でもベタつかないのはありがたい。

不意の至近距離でも好感触な、
さりげないワキ汗対策
イメージ画像

理由2バッグに入るサイズなら、
出先のプレゼン前にも重宝

「Ban 汗ブロックロールオンプレミアムラベル 男性用」は手のひらに収まるコンパクトなサイズ感であるため、バッグに放り込んで気軽に持ち運ぶことが可能だ。そのため、出張先やオフでの活躍も期待できる。評価に関わる大事なプレゼンなど、緊張することが目に見えているときも事前にケアすれば途中で意識が散ることなく集中して臨めるはずだ。仕事終わりの女性とのデートにも、トイレでケアすることでワキ汗への対策はばっちり。

ワキ汗対策をしつつ、
香りで第一印象をアップ
イメージ画像

理由3さりげなく香る石けんの香り

よりニオイに対して敏感な人には同製品の「マイルドソープの香り」がいいだろう。ビジネスシーンにおいてワキのニオイは言語道断。とはいえオフシーンでつけるような香水では不必要に強すぎて逆に不快感を与えてしまうこともある。清潔感のあるほのかな石けんの香りを感じられるこちらであれば、ビジネスの場においても自然に装うことが出来るはずだ。

女性に好まれる優しい
石けんの香りを身にまとうなら
イメージ画像

理由4しっかり塗り込める
ロールオンタイプがおすすめ

ロールオンタイプが女性に好まれやすいのは、スプレータイプと比べて直接皮膚へと塗り込むことができるため。体毛のある男性からしても、腋毛があっても地肌に行き届き、しっかり密着させることが出来るロールオンタイプはうれしいものだ。塗り方は気になる場所にピンポイントにというだけでなく、その周囲も含めてひとまわり大きく塗布するのがポイント。
詳しい使用方法は こちら でも説明されている。

まずは「Ban 汗ブロック」を
体験してみよう

5不安要素をクリーンにして、
汗ばむ季節のビジカジコーデを楽しもう

イメージ画像

昨今のビジネスシーンのトレンドとこれからの季節を考えると、ライトな着こなしを楽しめるビジネスカジュアルスタイルは構築できるようになっておいて損は無い。そのうえで、大人として「ジャケットを羽織る」「色を考慮する」というルールを守って洒脱なビジネスカジュアルを楽しんでほしい。ただし、その締めくくりとして「汗ジミへの事前対策」を入れておくことを忘れずに。女性は意外と、異性のワキ汗ジミを見ているのだ。これらを遵守することで、よりよいビジカジライフが実現できるはずだ。

爽やかなビジカジコーデを
作るためのエチケット

Ban CAFE MAGAZINE

汗にまつわるヒト・モノ・コトを
ご紹介いたします。

関連記事

汗にまつわるヒト・モノ・コトを
ご紹介いたします。